2012年10月11日

日本TDM学会作成抗てんかん薬のTDMガイドラインドラフト版

Tです。
日本TDM学会は現在、TDMの標準化を目的に動いています。そのために現在、各領域のTDMガイドラインを作成中です。
俺の所属する病院は中小の療養型の病院ですが、抗菌薬のTDMを数年前から始めました。
抗菌薬に関しては、TDMが何とか文化として(?)根付いてきたと思っていますが、ここでさらに踏み込んで、抗てんかん薬の血中濃度も必要な時には測定することが当たり前のこととして受け止められるようにしたいと思っています。(ルーチンで測定するという意味ではない)
そんな気持ちもあり、今回TDM学会作成のガイドラインのドラフト版を(自分に必要な部分だけ)まとめました。正式なものは日本TDM学会のHPから見れるので、気になる点があったらそちらで確認ください。
〈フェニトインの要点〉
治療濃度域
1020μg/ml(非結合形濃度:12μg/ml)←推奨グレードA
測定タイミング
初回投与時、用量変更時、相互作用を生じる可能性のある併用薬剤の変更時に投与開始もしくは量変更5日以降にトラフ濃度(投与直前)のモニタリングを行う。←推奨グレードA
薬物相互作用について
フェニトインの血中濃度は併用する抗てんかん薬によって変動する。また、併用薬物の血中濃度を低下させ、薬理効果を減弱させる。←推奨グレードA
併用薬の変更後にフェニトインの効果増強もしくは減弱が見られた場合にはTDMによる検証に努める。なお併用による臨床症状の変化は、変更直後ではなく徐々に発現する場合も多いため、長期的な注意深い観察が必要である。
その他
蛋白結合率低下患者では非結合形濃度測定が必要である。←推奨グレードB
中毒時のTDMは血中フェニトイン濃度が治療域内に低下するまで頻回にTDMを行う。←推奨グレードA
代謝酵素の遺伝子検査の必要性について、必ずしも行う必要はない。←推奨グレード
C
フェニトインの中毒症状
眼振、発作の機能活動、不随意運動の誘発、運動失調、知的能力の低下、さらに血中濃度が上昇すると意識障害、血圧低下、呼吸障害を生じる。

 



 


 


 


 




コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 第34回和漢医薬学会に行ってきた2
  • ポスター出来た。
  • 環境感染学会の思い出
  • 最近ラジオで耳に残った曲
  • 新日本プロレスに学ぶ病院経営
  • 今年のクリスマスは土曜。
アクセスカウンター
  • 累計: