2013年01月01日

ADA&EASD合同の2型糖尿病のガイドラインその1

Tです。
年末は思ったより忙しかったため、ゆく年くる年とはいきませんでしたが、米国&欧州糖尿病学会合同の2型糖尿病のガイドラインの和訳に挑みたいとおもいます。
途中までやってみた感想として、正月休みだけでは終わらないと感じました。予定を変更して1月一杯には終わらせようと思います。
あと、いつも書いていることですが、俺の英語能力はあまり高くありません。誤訳の可能性があるので興味がある人は原文を読むことをおすすめします。(ほんの12~13ページ位です。)

                〈米国&欧州糖尿病学会合同の2型糖尿病のガイドライン〉
序文及びPATIENT-CENTERED APPROACH、BACKGROUNDは省略する。

ANTIHYPERGLYCEMIC THERAPY(糖尿病の治療)
・目標値
ADAの “Standards of Medical Care in Diabetes”で述べられているが、HbA1cを7.0%未満にすることで、多くの患者の末梢神経障害の発生率が減少する。これは平均血糖を150~160mg/dlに保つことで達成されるが、空腹時や食前血糖を130未満、食後血糖を180未満に保つのが理想的である。
より厳しいHbA1c(6.0~6.5)を目標として考慮しても良い患者は罹病期間が短く、長生きが見込まれ、重篤な心血管疾患の既往が無い患者で、重症低血糖や治療の副作用が無ければ考慮しても良い。
逆に、ゆるやかなHbA1c(7.5~8.0、もしくはもう少し高め)の目標が適している患者は過去に重篤な低血糖の経験があり、短命が予想され、合併症が進行した患者であったり、セルフマネージメントの説明を行い、カウンセリングを繰り返し、インスリンを含む複数の血糖降下薬を用いてなお、目標達成が困難な患者などである。
前述(省略した部分に記載されています)の、2型糖尿病患者における心血管系試験によれば、誰もがアグレッシブな血糖マネージメントが有益というわけではない、ということである。
重要なのは治療目標値を患者ごとに個別に設定することである。臨床医が患者ごとにHbA1cの目標値を選択するための要点を図1に示す。
1
前述した(省略した部分に記載されています)が、患者の希望や価値観も考慮に入れるべきである。血糖コントロールの任意の程度の達成には積極的な参加とコミットメントが必要なのだから。医師と患者の間で合意して治療目標値に反映されるべきである。
重要なコンセプトとして、いかに簡単に目標値を達成できるか、が治療法の選択に影響を及ぼす。論理的に考えて、単純なレジメンで副作用が全くもしくはほとんど無く達成することができるなら、目標値は低いほうが良い。
HbA1c 7.0%未満の患者の割合をクオリティの指標として活用し、医療機関が公表することは、患者個別の目標値の推進と矛盾することである。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 第34回和漢医薬学会に行ってきた2
  • ポスター出来た。
  • 環境感染学会の思い出
  • 最近ラジオで耳に残った曲
  • 新日本プロレスに学ぶ病院経営
  • 今年のクリスマスは土曜。
アクセスカウンター
  • 累計: