2013年06月24日

World Health Day 2011のWHOのコメントその1

Tです。
World Health Day 2011に、WHOが
「Combat drug resistance: no action today means no cure tomorrow」
のタイトルでコメントしています。
World Health DayとはWHOの設立記念日のことで、4月7日がそれに当たります。
2011年のコメントは抗菌薬耐性についてのものでした。
俺の英語能力はあまり高くないので、1回で全て訳すのは厳しいです。
これから複数回に分けて訳していきたいと思います。
(以下、誤訳の可能性があるので、気になる人は原文を読むことを勧めます。)

「薬剤耐性との戦い:今日何もしなければ明日は治療法がなくなる」

1940年代に抗生物質が登場したとき、現代医学の奇跡、「特効薬」として喝采を浴びた。それは当然である。毎年何百万人の人を殺した感染症が、今では治療可能なのだから。梅毒、淋病、ハンセン病、結核のようなメジャーな疾患は多くの場合、苦しまなくなった。レンサ球菌性咽頭炎や小児の傷膝のようなコモンな疾患による死亡リスクは事実上なくなった。

抗生物質の強烈なインパクトは新薬の発見に革命をもたらした。人間のコンディションは劇的に良くなり、平均寿命は大幅に伸びた。

このWorld Health Dayでのメッセージは明確である。世界はこの奇跡の治療を失う瀬戸際にある。

(・・・続く)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 第34回和漢医薬学会に行ってきた2
  • ポスター出来た。
  • 環境感染学会の思い出
  • 最近ラジオで耳に残った曲
  • 新日本プロレスに学ぶ病院経営
  • 今年のクリスマスは土曜。
アクセスカウンター
  • 累計: