2013年06月26日

World Health Day 2011のWHOのコメントその2

Tです。
続きです。
(以下、誤訳の可能性があるので気になる人は原文を読むことを勧めます。)

薬剤耐性菌の出現、そしてその拡大が加速している。どんどん治療に必要な抗菌薬は使えなくなり、therapeutic arsenalは縮小してきている。抗菌薬が失われていくスピードは、代わりになる薬の開発を上回るペースである。実際、新規抗菌薬の研究開発パイプラインは枯渇してきている。

その影響も明らかである。すぐに修正し、薬剤耐性菌の出現・拡大を防ごうとしなければ、世界は抗菌薬の次の時代へ向かう。つまり、多くのコモンな感染症を再び治療できなくなり、死んでいくのを止められなくなる。ガン治療、外科手術、臓器移植のような救命・延命処置を行った患者を、再興した致死的な細菌が脅かす、という意味合いもある。病院は現在、高度耐性菌の温床となっており、そういった処置は危険になる。

病院の「superbug」は大きな見出しになるが、こういった特に致死的な病原体は過度に大げさで、不安をあおった言い回しをされている。(この辺の訳は自信ありません)

(・・・続く)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 第34回和漢医薬学会に行ってきた2
  • ポスター出来た。
  • 環境感染学会の思い出
  • 最近ラジオで耳に残った曲
  • 新日本プロレスに学ぶ病院経営
  • 今年のクリスマスは土曜。
アクセスカウンター
  • 累計: