2013年07月04日

100年先の医療の展望その1

Tです。
昨年は6大医学誌の一角である「The New England  Journal of Medicine」の刊行200周年記念年でした。
200周年・・・200年前は日本はまだ江戸時代で、医学といえば杉田玄白先生がまだご存命だった(1817年没、wikiより)頃から、NEJMって発刊されていたんですね。
江戸時代に杉田玄白が読んだかもしれないNEJMを現代の日本の医療従事者が読んでいる、と考えると、何か凄くないですか?(別に杉田玄白に思い入れがあるわけではありませんが、歴史を感じるという意味で。)

さて、そんなNEJMですが、2012年12月27日号に、
A Glimpse of the Next 100 Years in Medicine
という記事が掲載されています。
面白そうなので、数回に分けて訳していきたいと思います。
(以下、誤訳の可能性があるので気になる人は原文を読むことを勧めます。)

「医療における次の100年の展望」

この1年、このジャーナルは刊行200周年記念として、1812年以来の医療におけるscience と practiceのめざましい進歩をとりあげてきた。デジタル技術のおかげで、我々の記念日の祭典は広く話題を集め、NEJM200.NEJM.org siteは100万人以上の訪問があり、ドキュメンタリー映像を大勢が視聴し、同時放送シンポジウム、医療における対話も大勢が視聴した。ジャーナルの200周年は終わりを迎えるが、我々はこの先数十年で医療が直面する変化や課題について考えたいと思う。未来に関して、明確な予想をするのはfoolishなことではあるが、未来の医療の新たな潮流や可能性、principlesに関して考えないのはunwiseである。

(・・・続く)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 第34回和漢医薬学会に行ってきた2
  • ポスター出来た。
  • 環境感染学会の思い出
  • 最近ラジオで耳に残った曲
  • 新日本プロレスに学ぶ病院経営
  • 今年のクリスマスは土曜。
アクセスカウンター
  • 累計: