2014年06月30日

SSTIの診断と治療ガイドライン2014サマリーその1

Tです。
CIDの2014年7月号にIDSAのSSTIの診断と治療ガイドライン2014のサマリーが記載されていた
http://cid.oxfordjournals.org/content/59/2/147.full
ので、数回に分けて訳していこうと思います。
 (以下、誤訳の可能性があるので気になる人は原文を読むことを勧めます。)

Executive Summary: Practice Guidelines for the Diagnosis and Management of Skin and Soft Tissue Infections: 2014 Update by the Infectious Diseases Society of America 

〈要約〉
IDSAは国内のエキスパートの研究班を召集した。 2005年に作成した皮膚軟部組織感染症(SSTI)治療ガイドのアップデートをするためである。研究班の推奨事項は、最近IDSAより発表されたMRSA感染症治療ガイドラインと辻褄の合うように整理した。このガイドラインの焦点は、壊死性筋膜炎のような生命を脅かすような感染から軽度な表皮の感染に至るまで、さまざまなSSTIの診断と適切な治療である。さらに、世界的に免疫不全宿主が増えているため、今回のガイドラインではそういった患者のSSTIに幅広く対処した。ガイドラインで強調したのは、速やかにSSTIを診断し、病原菌を特定し、タイムリーに効果的な薬物療法を行う臨床技術の重要性である。

(・・・続く) 


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 第34回和漢医薬学会に行ってきた2
  • ポスター出来た。
  • 環境感染学会の思い出
  • 最近ラジオで耳に残った曲
  • 新日本プロレスに学ぶ病院経営
  • 今年のクリスマスは土曜。
アクセスカウンター
  • 累計: