2017年08月30日

第34回和漢医薬学会に行ってきた2

Tです。
和漢医薬学会の1日目を記事にします。

まずはポスターを貼りに入った後、シンポジウム1に参加。
漢方医学的所見に関する見解は、同じ所見であっても医師により判断が異なることがあり、シンポジウムの中で実際に画像を見てスマートフォンでアンケート投票し、リアルタイム集計することで証の有無や所見をどう捉えている傾向にあるかを検討した面白いシンポジウムでした。
微妙な所見の有無は予想通りバラツキがあったが画像の所見だけで証は捉えるものでは無く、証を全体で考えたときに所見の有無も修正されると考えられるので、実臨床ではアンケートほどの見解の相違は出ないのではないかとは思いますが。

その後、大会長講演を拝聴。
現代医学ではアルツハイマー型認知症を代表とする認知症は進行を抑制するのが限界であり、周辺症状も十分にコントロール出来ているとは言い難い状況です。その中で漢方にはマウスレベルでは中核症状にも十分な薬効を発揮できる事が証明されているものもあります(ただし人体に投与する場合の効果は不明なのと、投与量が常用量の数倍になったり・・・)。マウスレベルでは既存の西洋薬では効果が充分に認められていない軽度認知症状においても力を発揮する可能性があることを示すデータも出ています。
今後、実臨床における有効性は検証しなければならない課題ですが、漢方の認知症領域における期待は大きいと感じました。

ランチョンは抜けて、ラーメンを食べに行きました。
最近、福岡でも豚骨だけでなく色々なラーメンが食べれます。今回食べに行ったのは、「家系ラーメン」の某店。太麺ストレートの醤油豚骨スープが特徴です。
ichiichiya


bigvoice212065 at 13:24コメント(0) 
Tの記事 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 第34回和漢医薬学会に行ってきた2
  • ポスター出来た。
  • 環境感染学会の思い出
  • 最近ラジオで耳に残った曲
  • 新日本プロレスに学ぶ病院経営
  • 今年のクリスマスは土曜。
アクセスカウンター
  • 累計: