2019年03月06日

薬剤師と副作用

Tです。
明けましておめでとうございます?
かなり記事の更新が遅れがちですが、また書いていきます(^^)

某出版社より「ちょっと雑誌に記事を書いてみませんか?」というお誘いをうけました。
何で俺?とビックリしましたが、せっかくの機会なのでお受けして、試しに副作用について書いてみる事にしました。

 薬剤師は、副作用に様々な形で関わっています。
 薬機法第六十八条の十第2項には、医薬品、医療機器又は再生医療等製品の副作用・有害事象の報告義務が記載されており、第3項に報告窓口をPMDAにする旨が書かれています。
 また、薬剤師法25条の2には薬剤師の情報提供義務(現在は改正され、情報提供及び指導義務になっています)の記載があります。
 プレアボイドも薬剤師の大事な職能です。プレアボイドはpreventとavoidから生まれた造語で、副作用回避の事です。

このあたりの事を、まとめてみようと思います。

bigvoice212065 at 13:36│Comments(0)Tの記事 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 第79回九州山口薬学大会に行ってきた3
  • 第79回九州山口薬学大会に行ってきた3
  • 第79回九州山口薬学大会に行ってきた3
  • 第79回九州山口薬学大会に行ってきた2
  • 信州に旅行に行ってきました3
  • 信州に旅行に行ってきました3
アクセスカウンター
  • 累計: