100年先の医療の展望

2013年07月07日

100年先の医療の展望その6

Tです。
続きです。
(以下、誤訳の可能性があるので気になる人は原文を読むことを勧めます。)

未来の医療は、テクノロジーが進化し、情報が豊富になり、臨床において強力で有用なツールが出てくる。もちろん、未来の医療が全ての問題を解決することはできない。暴力であったり、自己破壊的な人の行動を防ぐことはできないだろう。患者は熟練した思いやりのある専門家が提供できる指導、サポートなどは医師や医学界を今後も頼りにするだろう。医学界は、強力な新技術が健康に有益な使用法の方針を打ち出していくべきである。科学技術の進歩は混乱をもたらすかもしれない。このジャーナルはケアの進歩、感動的な発見を伝え続けるためにクリエイティブに進歩し続けるべきである。我々がこの未来の医療と向きあう際、このジャーナルは2世紀前にジャーナルを創立した医師達が定めた原則に忠実であるべきである。
「The Journal will always be open to the accurate observer of nature, the useful experimenter, and the rational therapist」

bigvoice212065 at 12:48コメント(0) 
ギャラリー
  • 第34回和漢医薬学会に行ってきた2
  • ポスター出来た。
  • 環境感染学会の思い出
  • 最近ラジオで耳に残った曲
  • 新日本プロレスに学ぶ病院経営
  • 今年のクリスマスは土曜。
アクセスカウンター
  • 累計: