Tの記事

2017年09月01日

第34回和漢医薬学会に行ってきた3

Tです。
第34回和漢医薬学会1日目の午後からは特別講演に参加。
近年、漢方はがん領域でのエビデンス蓄積が目覚ましいです。といっても、がん自体を漢方で治療するといった話ではなく、がん化学療法による副作用の予防・軽減のためのサポーティブ・ケアとしての使用です。
2015年に日本がんサポーティブケア学会が誕生し、部会の一つとして漢方部会が存在しますし、日本東洋医学会の取り組みとして「漢方エビデンスレポート」をHP上で公開している中で、がんサポーティブケアに関する文献は48件も見られ、漢方の支持療法は60%のRCTで有意な有効性を示しています。
こういったエビデンスの蓄積により、がん医療の副作用を漢方併用で予防・治療することが標準的となる時代が来ているのかな?と感じる講演でした。

その後は1日目のポスター発表を聞きに行きました。(俺は発表は2日目でした。)今回の和漢医薬学会でJADERを用いたポスター発表は俺のものも含めて3件、大学レベルではJADERはかなりポピュラーなものだという認識を持ちますが、市中の病院や薬局からの発表があまり見られないのはイマイチ普及が進んでないようにも思えます。

そのJADERを用いた発表の内の一つはPMDAに報告された漢方副作用症例と添付文書症例とを比較した研究。肝機能障害と間質性肺炎の2つの副作用に関して年齢、性別、投与期間などを比較されていました。
PMDAに報告された症例は欠損値が多く、それらを除外したデータの解析に信憑性があるのか、常々疑問に思っていたんですが、このポスター発表を見る限りは添付文書症例と大きな差は無く、有意義な解析になりうる可能性を感じました。

もう一つはPMDAの医薬品副作用データベースを用いた腸間膜静脈硬化症の解析。年齢、性別、服用期間、併用薬などの集計、解析もなされていました。


bigvoice212065 at 13:10コメント(0) 

2017年08月30日

第34回和漢医薬学会に行ってきた2

Tです。
和漢医薬学会の1日目を記事にします。

まずはポスターを貼りに入った後、シンポジウム1に参加。
漢方医学的所見に関する見解は、同じ所見であっても医師により判断が異なることがあり、シンポジウムの中で実際に画像を見てスマートフォンでアンケート投票し、リアルタイム集計することで証の有無や所見をどう捉えている傾向にあるかを検討した面白いシンポジウムでした。
微妙な所見の有無は予想通りバラツキがあったが画像の所見だけで証は捉えるものでは無く、証を全体で考えたときに所見の有無も修正されると考えられるので、実臨床ではアンケートほどの見解の相違は出ないのではないかとは思いますが。

その後、大会長講演を拝聴。
現代医学ではアルツハイマー型認知症を代表とする認知症は進行を抑制するのが限界であり、周辺症状も十分にコントロール出来ているとは言い難い状況です。その中で漢方にはマウスレベルでは中核症状にも十分な薬効を発揮できる事が証明されているものもあります(ただし人体に投与する場合の効果は不明なのと、投与量が常用量の数倍になったり・・・)。マウスレベルでは既存の西洋薬では効果が充分に認められていない軽度認知症状においても力を発揮する可能性があることを示すデータも出ています。
今後、実臨床における有効性は検証しなければならない課題ですが、漢方の認知症領域における期待は大きいと感じました。

ランチョンは抜けて、ラーメンを食べに行きました。
最近、福岡でも豚骨だけでなく色々なラーメンが食べれます。今回食べに行ったのは、「家系ラーメン」の某店。太麺ストレートの醤油豚骨スープが特徴です。
ichiichiya


bigvoice212065 at 13:24コメント(0) 

2017年08月27日

第34回和漢医薬学会に行ってきた1

Tです。
昨日と今日で第34回和漢医薬学会に行ってきました。
自分の未熟さも含めて今回も色々勉強になったことがあったので、明日から記事にしていきたいと思います。特に自分の発表に関して考えさせられたのは、自分が自明の事と思っている事でも意外と他の人にとってはそうでない、という事です。
薬剤師だまさんの言を借りるなら、まさに「バカの壁」にモロにぶつかってしまった形です。質問受けたときにスムーズに回答できれば良かったのだろうけどまさか突っ込まれるとは思っていなかったので準備できていませんでした。
「ググったらすぐに出てきますよ」なんて回答するわけにはいかないし、準備不足としか言いようがないですね・・・

bigvoice212065 at 19:22コメント(0) 

2017年05月31日

PMDAの出前講座

Tです。
みなさんの施設では、PMDAの医薬品副作用救済制度の出前講座はもう申し込まれたでしょうか?俺の施設は6月に申し込んでおります。

平成24年に行われたアンケート調査によれば、医薬品副作用被害救済制度に関して知っている、と回答したのは国民のわずか5%しかおらず、医療関係者においても50%しか知らないと回答したそうです。(俺の病院でも看護師長、主任クラスでも知らない方はいました。意外に感じるのは俺が薬剤師だからだろうか?)

PMDAは事の重大さに気付き、昨年より始まったのが出前講座。昨年は俺の病院でやってもらう準備が出来ていませんでしたが、いよいよ来月、出前講座をやってもらう事になりました。

大事な制度なので、多くの人に聞いてもらえるよう関連施設の職員にも広く周知したいと思います。



bigvoice212065 at 21:24コメント(0) 

2017年05月27日

今年度後半の学会参加

Tです。
今年度後半の学会参加の日程は、以下のようになりました。

・和漢医薬学会(8/26~27、発表予定)
・九州山口薬学大会(9/17~18、某ポスター発表の手伝い)
・日本化学療法学会西日本支部総会(10/26~28、勉強しに行くだけ)

和漢医薬学会の演題登録は6/15が締め切りですが実はまだ出来てません。ヤバイぜ!
来年2月の環境感染学会はまだ未定。どうなるだろうか?

追記)和漢医薬学会への演題登録は無事、間に合いました。参加される方は生暖かい目で見ていただければ幸いです。

bigvoice212065 at 00:17コメント(0) 
ギャラリー
  • 第34回和漢医薬学会に行ってきた2
  • ポスター出来た。
  • 環境感染学会の思い出
  • 最近ラジオで耳に残った曲
  • 新日本プロレスに学ぶ病院経営
  • 今年のクリスマスは土曜。
アクセスカウンター
  • 累計: