Tの記事

2017年02月05日

第21回九州化学療法研究会に行ってきた。

Tです。
土曜日にあった第21回九州化学療法研究会に行ってきました。
内容は一般演題3題の後に教育講演、休憩をはさんで特別講演。それぞれ興味深い内容でした。

一般演題の1題目は長大のCREの現状報告。MLST法による解析結果も示されましたが、正直遺伝子レベルの話はサッパリわからん。系統樹の見方とかもチンプンカンプンです。勉強不足だなぁ。

2題目は尾田一貴先生のCHDFにおけるVCMのTDMの話。BMs-Podの新バージョンの公開は間近か?
質問されていた熱傷に関する話は尾田先生の回答は理にかなっているように感じたが、症例発表レベルでは熱傷患者でVCMのTDMに超難渋しましたよ的なものは聞いたことある。浸出液の影響では?という考察をされていたようにも思うがはっきりそこを検証した内容ではなかったと記憶している(記憶違いかもしれないが)。文献レベルでは調べたことない。そういった症例の経験もない。
学問的にはダメダメだが浸出液の影響の有無はともかく熱傷患者のVCMのTDMは難しい、という理解で良いのか?

3題目はBIPMのFNに対する用法用量設定をモンテカルロシミュレーションでやりました的な発表。ターゲットに用いた菌は緑膿菌だった。モンテカルロシミュレーションを臨床応用した発表は久しぶりに聞いたような気がする。

教育講演の内容は日々の感染症診療の話。頭に残ったのは、風邪に抗菌薬を容易に出さなくなった現代だからこそ、改めてレンサ球菌性咽頭炎にはしっかり抗菌薬使おうぜ的な話と咽頭炎にペニシリン系使うとEBVだったら大変という話。このあたりは鑑別が難しい。医師の先生方は大変ですね。

特別講演は耐性菌感染症治療薬の臨床開発をどうするかの話。ほとんど集まらない症例をグローバルに集めよう、ということなんですね。国際的なデータベースの構築は夢のある話でした(色々苦労があるようですが)。
しかしそうなるとやはり某国の薬剤が優先的に治験をされるんだろうか?国産の新薬が耐性菌から世界を救うような夢は見づらくなるのか?なんてことを思ってしまった。 

どれも面白い発表・講演でした。
来週は長崎の某研修に行きます。その後は神戸の環境感染学会。どちらも楽しみです。
bigvoice212065 at 16:32|PermalinkComments(2)

2017年02月01日

連携地域での抗菌薬マニュアル作成ってどうなの?

Tです。
今日は地域の感染カンファレンスでした。
俺の地域は小さな地域のカンファレンスといくつかの中核病院が集まった少し大きな規模のカンファレンスの2つがあり、今回は後者でした。

そこで話が挙がったのが、現在複数の中核病院で抗菌薬適正使用のためのマニュアルを作成している、という話。連携している施設で使って貰えれば幸いです、といった感じだろうか。

そんなもの要るのかな?今の時代、様々な抗菌薬使用マニュアルが存在し、情報がむしろ供給過多の現状において、地域で使う新しいマニュアルなんて少なくとも俺は必要性を感じない。他の連携病院はどんな思いでこの話を聞いたのだろうか。

まあメリットとして学会発表とかしやすくなるし、実績アピールしやすいし、そういう打算的なメリットは否定しないので「作りたければどうぞ」といった感じではある。 しかし恐らく既存のガイドラインと整合性のとれた内容にせざるを得ず、me tooな内容になると思うし、「別にいらんかな?」という感想になると思います。むしろガイドライン+院内の実情を反映した施設ごとのマニュアルのほうが有用な気がする。 

そういう取り組みより、加算をとっていない俺の病院のようなブラックボックスのデータを如何に得るか考えた方が、社会的には有用でしょう。JANIS、JHAISの情報が参考になるような病院ばかりではないよ。
bigvoice212065 at 20:40|PermalinkComments(2)

2017年01月22日

今日は休日当番でした。

Tです。

今日は休日当番のため出勤。
インフルエンザ及び疑いの患者が多数来院され、一日中忙しい日を送りました。特にイナビルはよく処方され、患者の吸入確認やるので結構時間とられました。

抗インフルエンザ薬に貴賎はないけどラピアクタ調剤は楽で良い、なんて思った1日・・・ 
bigvoice212065 at 18:00|PermalinkComments(0)

2016年12月16日

第9回南九州感染症寺子屋に参加してみた。2

Tです。

ケースカンファレンス1はトラベルワクチンの接種スケジュールの実際。
普段、トラベルワクチンに関わることが稀な俺には目から鱗な内容でした。
トラベルクリニックをやっている病院は少なく、福岡でも産業医大、九大、久留米大くらいです。

ワクチンの同時接種は現在では一般の医療従事者にも知られてきていますが、いくつかのトラベルワクチンは国産でないものを使うケースもあります。
・A型肝炎ワクチン:エイムゲンは0日目、2~4週、6か月後の3回接種。しかしスケジュールや流通の問題で輸入ワクチンを使うことも。Havrixは1回接種で1年間有効、6~12か月後に追加接種すれば20年有効。
・B型肝炎ワクチン:ビームゲンは日本に多い遺伝子型Cのウイルスを抗原とする。一方、ヘプタバックス-Ⅱは欧米で多い遺伝子型Aのウイルスに対して作られた。(遺伝子型Cのウイルスにも効果がある。) さらにヘプタバックス-Ⅱは海外で使われているRecombivaxHBと同じもので、世界中で追加接種できる。それで結構トラベルワクチンではヘプタバックス-Ⅱが使われるが、ビームゲンの遺伝子Aのウイルスへの有効性及び他のB型肝炎ワクチンとの互換性が否定されているわけではない。0日目、4週、6か月後の3回接種。
・狂犬病ワクチン: 国産ワクチンは0日目、2~4週、6か月後の3回接種。しかしスケジュールや流通の問題で輸入ワクチンを使うことも。Rabipur、VerorabはWHO方式では0日目、1週、4週後の3回接種。

また、ワクチンの接種間隔も日本と海外で違いがあります。
・日本
 不活化ワクチン→ 不活化ワクチン・生ワクチン:6日以上間隔を空ける。
 生ワクチン→ 不活化ワクチン・生ワクチン:27日以上間隔を空ける。
・国際的なスタンダード
 不活化ワクチン→ 不活化ワクチン・生ワクチン:規制なし(いつでも可)。
 生ワクチン→ 不活化ワクチン:規制なし(いつでも可)。
 生ワクチン→ 生ワクチン:4週以上間隔を空ける。

ただし、必要に迫られた場合はともかく通常は国産ワクチン、日本の規則に従うべき。

ケースカンファレンス&ミニレクチャー2は豚レンサ球菌の髄膜炎という、珍しいケース。「体中が痛い」感染は侵襲性レンサ球菌感染症を想起すべき。

今回もとても面白く、勉強になる内容でした。
次回は3月、薬剤師に嬉しいAMTの取り組みの話です。

鹿児島中央駅はクリスマスイルミネーションに彩られ、とても綺麗でした。
P_20161210_193902

bigvoice212065 at 01:38|PermalinkComments(0)

2016年12月13日

第9回南九州感染症寺子屋に参加してみた。1

Tです。
先週の土曜に行われた第9回南九州感染症寺子屋に参加してきました。
俺の体調は最悪。数日前にインフルエンザワクチンを接種したのですが、ワクチンを打った翌日から鼻汁と喉の痛みが出現。熱発はなし。症状がなかなか収まらず、ワクチン副反応なのかそれとも何かに罹患したのかよくわからない体調での参加。中々しんどかったです。

いつも豪華メンバーが特別講演に登場する南九州感染症寺子屋。今回の特別講演は堀成美先生でした。
DCCメンバーでIDATENでも有名な堀先生の講演内容は性感染症。いつもなら内容のまとめを書くところですが、今回は省略。
色々、目から鱗な内容もあって勉強にもなったのですが、ブログでまとめるには俺には難しすぎる内容でした。

講演内容のうち、恐らく学問的な部分は感染症疫学ハンドブックを読めば書いてある内容だと思います。しかし本当に凄かったのはそれ以外の話なのでした。いや、行って良かった。
感染症疫学ハンドブック [ 吉田眞紀子 ]
感染症疫学ハンドブック [ 吉田眞紀子 ]

 
bigvoice212065 at 22:57|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • ポスター出来た。
  • 環境感染学会の思い出
  • 最近ラジオで耳に残った曲
  • 新日本プロレスに学ぶ病院経営
  • 今年のクリスマスは土曜。
  • 今年のクリスマスは土曜。
アクセスカウンター
  • 累計: