抗てんかん薬TDM

2012年10月25日

抗てんかん薬の相互作用について2

Tです。
前回の続きです。

他の薬が抗てんかん薬に及ぼす影響(ゾニサミドは多剤の影響をあまり受けない。)



抗てんかん薬の血中濃度が上昇する薬剤

抗てんかん薬の血中濃度が減少する薬剤

フェニトイン

ワルファリン、アゾール系抗真菌薬、ST合剤、シメチジン、オメプラゾール、クロラムフェニコール、ジルチアゼム、アミオダロン、イソニアジド、アロプリノール、メチルフェニデート、フルボキサミン、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、タクロリムス、シクロスポリン、トラゾドン、イブプロフェン

サリチル酸系薬物、リファンピシン、オキサシリン、制酸薬、テオフィリン、ピリドキシン、シスプラチン

カルバマゼピン

アゾール系抗真菌薬、マクロライド系抗菌薬、イソニアジド、ST合剤、ジルチアゼム、クロラムフェニコール、MAO阻害剤、クロルプロマジン、ハロペリドール、チオリダジン、SSRI、パロキセチン、セルトラリン、シメチジン、オメプラゾール、Ca拮抗薬、サリチル酸系薬物

リファンピシン、シスプラチン、制酸薬、テオフィリン

バルプロ酸

マクロライド系抗菌薬、イソニアジド、シメチジン、サリチル酸系薬物

カルバペネム系抗菌薬、リファンピシン、シスプラチン、メトトレキサート、制酸薬、コレスチラミン、ナプロキセン、クロルプロマジン

フェノバルビタール

フロセミド、メチルフェニデート、抗ヒスタミン薬、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬

制酸薬、葉酸、ピリドキシン、テオフィリン、イミペネム・シラスタチン、クロラムフェニコール




bigvoice212065 at 17:28コメント(0) 

2013年05月18日

正式な抗てんかん薬TDMガイドラインが公開されています。

Tです。
4/30より、日本TDM学会が正式な抗てんかん薬TDMガイドラインを公開しています。
HPより閲覧できるので、院内で抗てんかん薬のTDMを行っている病院に勤務されている方は、一度見ておくと良いと思います。

bigvoice212065 at 14:57コメント(0) 
ギャラリー
  • 第34回和漢医薬学会に行ってきた2
  • ポスター出来た。
  • 環境感染学会の思い出
  • 最近ラジオで耳に残った曲
  • 新日本プロレスに学ぶ病院経営
  • 今年のクリスマスは土曜。
アクセスカウンター
  • 累計: